富士山のふもとの町のパン教室
by berreyandgreen
カテゴリ
全体
say hello
家の仕事
趣味のピアノ
LOVEマンガ

LOVE MUSIC
ひとり弁当
パサリもん
アンジェラ・アキ
The BEATLES
斉藤和義
朝ジュース
かたづけ
うちめし
50歳男子ダイエット弁当
うちの、和菓子
うちカフェ
Baking Lesson
ゆきのこと
だめなかあさんの子育て
今日からあなたもパン職人
SWEETS RECIPE NAVI
ベジレシピ
乳ガン闘病
乳がん
マーガレットハウエル
オサレ服
斎藤 誠
プリマーテ
パン
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
フォロー中のブログ
irei blog
ろんどんらいふ
Grano Di Ciaco
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
ケチケチ贅沢日記
coupe-feti
おひとりさまの食卓plus
ツジメシ。プロダクトデザ...
e-zu工房 Galle...
ageha wreath
toiro pain-s...
blanca*
ゆの日和
最新のトラックバック
検索
いろいろ。




よろしく、クリック
お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

***MY FAB SIGHTS***

浜松の自宅cafeさま
我が家の設計士さん
INTER FACE 
 SUZUKI 設計室

ライフログ
MAJOR 77
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ終了のお知らせ
at 2017-08-07 20:38
ブログ終了のお知らせ
at 2017-08-07 20:37
低温長時間発酵カンパーニュ
at 2017-01-28 20:11
バゲットいろいろ
at 2017-01-23 08:54
シナモンロール 四角伸ばし成..
at 2016-09-12 18:45
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
<   2015年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2月27日 ランチ
b0202778_1223068.jpg


ベジタリアンではないけれど、
肉や魚をほんとに食べなくてなった。

野菜ジュースに
豆腐や納豆。

卵も2日に一回ぐらい。

今日は
豆腐のカルボナーラ風パスタ。

粉チーズも可。

ベーコンがたまには
食べたいけれど
なくても、慣れてきた。

からだも薄味に
なれて、
たまに食べる
総菜が
濃い味でたまらない。

病院食も普通に
味が濃かった。

パスタは全粒粉。
でも、蕎麦の方がいいようだ。

あと1年は、がんばってみよう。
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-27 12:15 | 乳ガン闘病
2月26日、フルタイム出勤
術後初めての
フルタイム勤務は
雨、、
そして、お店が忙しい特売日。

お客様が多いのと
パンの製造数も増える。
久しぶりに
ほんとの意味で復帰。

ちょっとした行き違いで
お客様に不快な思いを
させてしまった。
お詫びを申し上げて
対応したつもりだったが、
騙す気か?
なにやってるんだ?
あまりのおっしゃりように
少し腹がたってしまった。

あげく
いっしょけんめいやってるわりに
ぬけてるんや、

しつこく
売り場でおっしゃられたので、
つい
こえを荒げながらの
申し訳ございませんでしたを
言ってしまった。

ああ、わたし、プロ意識が
まだ戻ってないやん、、
お客様を
くそじじいと思ってしまった。
くそじじいのいいぐさが、
単なる
嫌がらせに聞こえてしまった。

くそじじい、だが、お客様だ。
お客様は、くそじじいでも
神様だ、、、。
絶対なのだ。。。

と、反省。
嫌だなあと思うお客様ほど
ちゃんと対応させていただく、
こちらのサービスの至らなさを
教えてもらったと感謝をする。

サービス業の基本を忘れたー。

やっぱりまだ病み上がり、、
無理はしないことだ。。。

そろそろ術後1ヶ月が
経とうとしているなんて、
信じられない
時のスピードに
驚く。

b0202778_2275524.jpg


寝てるところを起こされ
不機嫌なワンコ。
しこたま、
モフモフさせてもらった。
癒やされるわ。(^^)
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-26 21:46 | 乳ガン闘病
久しぶりに、午後まで仕事。
火曜日休み、
夢のよう。
明けて、水曜。
さすがに、火曜日のあと、
お客様は少ない。

私の入院治療中に
ずいぶん負担をかけて
しまい、
体調不良のスタッフが数名
いる。

パートタイマーで
運営する部門なので、
普通のパートタイマーより
責任が重くのしかかるし、
売り上げも気にしながらの
作業を要求される。

たいへんだったんだなーと
改めて思う。

今日は
気がついたら、
午後まで仕事をしていた。
たいしたことではないけれど。

疲れたなあー、
やっぱり腕が重くなる、
足も膝の裏側が痛い。

思う以上に、カラダがなまってる。

来週から、少しずつ勤務時間を
増やしていかないと、
カラダも甘えるだろ。

そう思うのと、
次の契約は、もとの
アルバイトに戻そうかなんて
考えもある。

病気してから
食べ物が大事だなあと思うのに、
今の仕事、正直ギャップを感じる。

パン屋開業できるぐらいの
スキルを
習いに行きたいし、
病気してから、
目の前の安定収入にこだわって
結果、ストレスで、
ほんとうにやりたいこと
作りたいパン、食べてもらいたいパンを
作る目標は叶わないまま、、
なんてことも十分に考えられる。

いままで
先延ばしにしてきたことは、
期限を決めて
行動しないと
いつかは、永遠にこないだろうし、
今度も絶対ない。

あ、なんか、
職場のおばちゃんの
今度がんばります、っていう
口癖だわ。
イラっとくるのに、
私も人生にそう言い訳してるわ。
イラっとくるから、ストレスなのか。

今回は運良く助かった。
でも、次はわからない。

豆乳マヨネーズを
ががっとミキサーで乳化させる。
調味料まで手づくりして
生きながらえたい、
それはなんのためなのか。

ああ、おいしいと
言ってもらえるパンが
むしょうに作りたいんだわ。
わたし。

金曜日にしこたま粉がやってくる。
とりあえず、
病院でポチった
バヌトンを使って、ミニカンパを
焼こう。

b0202778_20371697.jpg

ベジサンドには、豆乳マヨネーズ。

豆乳のバンズとか作ってもいいね。(^^)
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-25 20:12
休日のベジおでん
b0202778_17243179.jpg


昨夜から
ひとりごそごそ
おでんを仕込む。

NHKの72時間という番組で
赤羽のおでん屋さんの
72時間をレポートした
番組。

立ち飲みで、
昼間から
いっぱいやり
おでんをふーふーしながら
食べる。

おでんは、なんとなく、
家庭の料理でありながら、
どことなく、
しみじみと、
ぼんやりと、
酒の肴的な印象を持つ私。

ちなみに私は静岡生まれ。
静岡で6歳まで過ごした。
家で食べるおでんは、
卵や大根が入らず、
豚モツと黒はんぺん、
糸こんにゃくなんかがはいる。
そして、まっくろなおでんつゆ。

からだが弱かった私、弟は
よく病院にかかった。
私は注射三昧、弟はアレルギー性
の皮膚炎で、母はほぼ毎日自転車で
病院通い。
帰り道、駄菓子屋に必ずよって、
おでんを食べるのが楽しみだった。
やっぱり真っ黒なおでんつゆから、
黒はんぺんや、ちくわ、もつを
引き上げると、具は味がしみすぎて、
黒光りするほどだった。
それにダシ粉と言われる、混合削り節と海苔を細かく砕いた粉をかけて、
ふーふーしながら食べる。
弟は、ダシ粉を山盛りしすぎて、
むせることもあった。
おでんを食べて、いちごあめか、鈴カステラか、とにかく、くじがあたれば
もう一個もらえる、そんな
駄菓子を買ってもらう。
それがすごく楽しみだった。

当時、すでに父親は女を数人作り、
家には戻らないことが多かった。
たまに家にいれば、母とけんか、
こどもに八つ当たりして、
こどもとマジゲンカをする、
ダメ親父だった。

幼稚園児ながら、
いつ崩壊してもいい家庭だなあと
うっすら思い始め、
これは、私が母ちゃんと弟を
養うんだなと決めていた。

幼稚園は、くそおもしろくもなく、
大嫌いなお遊戯、
大嫌いな牛乳にピーナッツバターの
給食、
タクシー会社の社長の息子や
とんかつやの娘に
意地悪されて、
やり返して、
大嫌いなばあさん保育士に叱られた。
こどもみたいに、はしゃいでる
場合じゃなかった。
当時、すでにそんなことを考えていたん
だと思う。
鳥さんの格好で、舞台で踊ってる
場合じゃないし、ぐらいを
思っていたんだろう。

こどもらしくないと
ばあさん保育士に母親が叱られたらしい。

そんな時代を支えたおでん。

私は、静岡おでんを
作らない。
今はずっと関東炊き。

連れ合いが関西出身で
肉は食べられないからという
理由で作らないないだけれど。

静岡おでんは、
そうそう、
あの人生のサプライズ的な一件で
おでん横丁で食べたのが
最後だったなあ。

もちろん今日も関東炊き、
しかも、練り物はやき竹輪のみ、
野菜中心のおでんにした。

白ごはん.comの
おでんの下ごしらえに
習い、ちゃんと作ってみた。

驚くほどおいしい。

しかし、
これ、ひとりでは
3日は持つだろう。

おでんを丁寧に作って
かくべつ、おいしいのに
食べる人がいないというのも、
また、すこし哀しい。
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-24 16:50 | うちめし
乳がん手術真実のドキュメント、完結編
ずいぶん間が空いてしまったけれど、
この話を締めくくろう。
手術の翌朝
早朝に起こされた。

しかも、まだ夜明け前の6時に
ナースは、シャーっと
カーテンを全開した。
冷気がガラスをやんわり突き破る。
意味ないだろ、カーテン全開は。
多少イラっとしたが、
まだうまくあたまが回らないので
黙っておこう。

ナースは、
血圧をはかり、熱をはかり、
排液量をはかり、
データをとる。

そして、いよいよ、あれを
とってもらう。
あれとは、尿道カテーテル。
手術中に入れてもらい、寝たまま
排泄可能な、アレは、
変に尿意を誘う。

お腹から息をゆっくり吐いて、
ナースのかけ声に従って
ゆっくり息を吐くと、股間から
ズルズル管が引きぬかれ、同時に
解放感が広がる。
ああ、これで、自力に排泄できる、、
と思ったら、カテーテルを抜いた
直後は、自力排泄では出しにくい。
えっ?そうなの。
トイレに入ったものの、
ほんの少しばかり、
そして大きな残尿感。
イラっときた。

ほどなく、1日ぶりの食事が
運ばれた。
その日は、運悪く
選択食で、選ばなかったわたしは
パン食。
カンパーニュとか、バゲットとかではない。
いわゆる、給食のパン。
そして、キャベツのソテー。
食べれなかったよ、看護師さん。

ロキソニンを飲むために、
排液のポットを首からさげ、
4階の病棟から1階のコンビニに
歩いて行ってみた。

点滴もはずれていたので、
ヨーグルトと
ブラックサンダーを2個
水を買う。

コンビニにも行けたので、
これはかなり回復が早いぞと
確信した。

ブラックサンダーを
からだに悪いと思いながら
バリバリ食べ、
メールを見たら、
LINEに新着赤丸が着いてる。

なんだろうかと確信したら、
これだった。
b0202778_2040585.jpg


まじ?
昨年ドタキャンされた
ポールマッカートニー来日決定!

すぐにチケットの抽選に申し込んだ。
当たりますように、
当たったら、きっと
行けますように、
その時は元気になっていますように。

ベッドの上から
チケットを申し込んで、
ああ、やっぱりまだまだ
わたし生きなくちゃね、と
思った。

違和感のある右胸に鈍い痛みが
時折走ったけれど
ポールマッカートニーの来日公演が
4月末。
今は90度までしかあがらない
右腕は、きっとそれまでにはまっすぐ上に伸ばせるだろう。
仕事ももとどおりに出来るように
なるだろう。

手術が翌朝には
通過点になったなあ。
病気に悩み、どうしよかと思った時も
通過点になってどんどん遠ざかる。
苦しいことも、そこに留まっている
わけではなくて、当事者が気がつかない
うちに、事態が変わっていくんだなあ。

乳がんが見つかったこと、
なんでわたしだけと思ったこと、
なぜ悩むがわからなかったけれど
全摘か部分切除か決められなかったこと
マンモトームの麻酔の痛さに毎回
毎回憂鬱になったこと、

過ぎたことが、
ようやく実感できた。
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-23 19:56 | 乳ガン闘病
かぶ豆乳スープ
b0202778_1939086.jpg


暖かい一日。
ピザは、敬遠された。
ははは(^^)。

春が来そうで
来ない。
雨あがりの月曜日、
静岡県内、富士山の日で、
市内の小学校、中学校
休み。
お母さんだけが
大変だと、関係各位に
申し上げたい。
まあ、うちは関係ないが。

暖かくなって、
いささか拍子抜けではあるけれど
かぶがたんまりあるので
丸ごと食べたい、
そんな欲求が沸き起こる。

単純だが、
かぶのポタージュにした。
豆乳とみそ少し。

そこまでしてヘルシーに
したいか?
したいわ、まじ、
牛乳嫌いやねん。
バターも嫌いやねん。

入院中も、必ずつけられる
牛乳を、
ヨーグルトに替えてもらった。
ヨーグルトが出れば
いいが、
あやしい、カルシウム飲料の時もあり、
そのままお返しした。

なんで牛乳?

私は豆乳で十分おいしい。

かぶのポタージュを作りながら

白ごはん.comの
おでんのレシピにのっとって
明日のおでんの下ごしらえを
する。

コトコト大根を下ゆで。
面取りもした、大根、
だしをたっぷり吸って
りっぱなおでん種になるんだろう。

静岡おでんを3年ぐらい前に
おでん横丁で食べたことを
思いだす。
友人たちと、
今となっては、サプライズすぎる
ゲストにごちそうしてもらった。

今頃、どっかのマラソンでも
走っているんだろうか。

ワンコとまた
奪いあいながら、
焼き芋を食べる月曜日。

だんだん
料理をしたいという欲求が
出てきているんだな、わたし。

料理を作りたいと思う気持ちが
久しぶり、と、帰ってきた。

気がつかないうちに、
回復にむけてまっしぐらだ。

がんばらなくとも、
そういう風になるんだなあ。
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-23 19:07 | 乳ガン闘病
復帰第1週おわる
こんばんは。
本日も仕事でした。
復帰して1週間。
休みをはさみながら、
無事に終わりました。

右手は、
すこし重く感じるときも
ありますが、
可動域も手術前ぐらいまでは
大丈夫です。

昨日の娘のことを
書いた記事、
多くの方に読んでいただきました。

自治体によって、
特別支援教育に格差があるなど
あってはいけないことだと
思います。

その事実を多くの方に知っていただきたい、そう思います。

今日はあさりの佃煮を作りました。
白ごはん.comからのレシピです。
白ごはんにぴったり。
b0202778_19404192.jpg



明日また仕事で、火曜日から3日間連続で仕事です。

おいしいパンを作りたい気、まんまん。
セントルザベーカリーのプルマン
おいしそうだな。

問題のあるパートさんに、
今日は50000イラっとしたので、
強力粉をポチります。(^^)
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-22 19:18 | うちめし
おいしい食養生 そば粉のガレット
b0202778_12474563.jpg


今週もひとり。
気楽だが
張り合いがない。
でも、まあ、いいか。
まだ、がんばれないし。

昼ごはんに
そば粉のガレットを焼いてみた。
きのこのソテーをもりもり。

クレープは、焼くのが
難しく、
厚みが出て、失敗。

だめやん、わたしー。
しゃーないわー病み上がりなんだから。

ひとりでつっこみ、ぼける。

明日からまた仕事だから、
休んでおこう。
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-21 12:40 | 乳ガン闘病
アスペルガーの娘。
仕事にぼちぼち復帰して、
今日は病院もなく
家でぶらぶら。
いい天気だ、
ワンコと遊ぶか、、、。

乳がんになって、
娘がとても気がかりだった。
アスペルガー、
自閉症と診断され
家以外、家族以外には決してことばを
発しない、かん黙症。
どうしたら、しゃべれるんだろ?
どうしたら、友だちできるんだろ?
そんなこと望まないで、
ただ生きる、ただ働く、
ただ食べて、ただ眠る、
それが自閉症のこどもの自立です、
そんな教育を押しつける
この街の特別支援教育に
精一杯の反抗をして、
連れ合いと娘を神奈川に住まわせた。

父子生活にあたり
iPhoneを娘に持たせた。
弊害はあるだろうが、なにかあった
時に、リスクを回避できるかも
しれない。
すると、娘は思わぬ使い方を
始めた。

離れて暮らすようになり、
メールが頻繁に来るようになった。
メールの娘は饒舌で、
しかもメアドを知っている人に
かたっぱしからメールを送るように
なった。
私の母、ピアノの先生、連れ合いの
父、
メールを読んで驚いたが、
小学校では絶対に無理と言われていた
文章が、ちゃんとかけている。
会話が成立しているのだ。

まあ、まあ、まあ、
すごいやん、
メールうつなんて、すごいやん。

連れ合いは、
ずっとiPhoneを離さない娘に
不満だったが、
私は、娘がiPhoneで
ことばを手に入れたのだと思って
好きなだけやらせたらいいと思った。
会話ができれば、語彙が増える。
状況を察するちからもついてくる。

手術のまえに
私の母から、娘の秘密を聞いた。
娘が大好きな海外のドラマの
ファンサイトブログを始めたという。

ブログ?
ブログって、結構たいへんだよ、
作るのも、書くのも。

半信半疑だったが、
urlを教えてもらえず、
ググって、捜し当てた。

写真をはったり、
自分のかんじたことを
文章にして、発信しているではないか!
しかも、コメントをくれる
友だちもいる。

アスペルガーだよね、、、
コミュニケーション能力がないから
普通学級に行かないで
切り紙細工をやって
生きていけるようにしましょう、
そう断言した
中学のメガネ会計ババアのようや
教師にむかって、
ガッツポーズをした!

こどもの能力を
決めつけたらあかんねん!
好きなことは、突き詰めていくのが
アスペルガーのこどもだった。

ブログぐらい書けますよ、なんて
娘の人生を勝手にかたにはめこもうと
した
中学の教師は、そう言われるかも
しれない。
でも、できない人だっている。

ええやん、自分の好きなこと
突き詰めていけば
極めたらプロだ。

誰も未来のことなど決められない。
なにが起こるかわからない。

娘のブログを発見したが、
黙って時々見に行くようにしよう。
荒らしにあうかもしれないし、
嫌な目にあうかもしれないけれど
自分から発信できることは
娘の人生を豊かにした。
間違いない。

高いなー、モバイル料金。
そう、思ったけれど、
娘の教育費だと考えてみたら
価値ある投資になる。

娘は、アメリカに行きたいらしく
英語の授業も通常級で受け始めた
という。

母ちゃんは、
アメリカ旅行の積み立てを
始め、また稼ぎにいかなくちゃと
生きる糧を得る。

病気は、そうやって、
災いから福へと転じさせる。
転じなければ
蹴っ飛ばして福へ転がしたる!
b0202778_1112266.jpg


母ちゃんは、ポールに会いにいくで。
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-21 10:30 |
星野源ちゃんには学ぶ
昨年から、
テレビで流れた歌が
ずっと気にはなっていたけれど
誰のなんという曲か
わからずにいた。

私は、耳の良さというか、
曲を聞いて、
声とメロディーラインだけで
楽曲にたどりつけるという
くだらない特技がある。
サビとか、曲の一部分から、
も、トレースできるのだが、
その曲は、たぶん星野源ちゃんが
作りそうな曲なんだろうと
あたりをつけていたが、
まったくたどりつけなかった。

先日、職場の若い上司の車に乗せて
もらった時流れていた曲に
気を止めた。

ああ、これだ、ずっとわからなくて
気になっていた曲。

それが星野源ちゃんだと
わかった。
ずっと会いたかったけど
名前も連絡先もわからない人に
ようやく会えたような
喜びだった。

その歌は、
サビでこう歌う。

どんなことも
胸がはりさけるほど苦しい
夜が来てもぜんぶ覚えてるだろう。

声をあげて飛び上がるほどに
嬉しい
そんな日々がこれから
起こるはずだろう。

病気がわかった時は、
ひたすら苦しく、
忘れてしまいそうになっても、
夜ひとりになると、また病気を
思い出した。

手術を終えて、
治療が終わり、
声をあげて喜んだ。
ほんとうにありがたかった。

星野源ちゃん自身が
くも膜下出血で2度
重篤な状態に陥り
闘病な辛さに耐え切れず
発作的に窓から飛び降りようと
した時に
自分のこの曲を耳にして、

こんな歌を聞いたら
飛び降りるわけには
行かないと
思い留まった、という。

すごいな、
書いた本人をも
励ました名曲。

いいことも
悪いことも、
ぜんぶ自分の人生。

悪いことも
いいことも
ずっとそのままではなく、
通過点に過ぎないんだなあと
改めて思う。

「フイルム」星野源
Top▲ | by berreyandgreen | 2015-02-20 18:38 | 乳ガン闘病
| ページトップ |