富士山のふもとの町のパン教室
by berreyandgreen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
say hello
家の仕事
趣味のピアノ
LOVEマンガ

LOVE MUSIC
ひとり弁当
パサリもん
アンジェラ・アキ
The BEATLES
斉藤和義
朝ジュース
かたづけ
うちめし
50歳男子ダイエット弁当
うちの、和菓子
うちカフェ
Baking Lesson
ゆきのこと
だめなかあさんの子育て
今日からあなたもパン職人
SWEETS RECIPE NAVI
ベジレシピ
乳ガン闘病
乳がん
マーガレットハウエル
オサレ服
斎藤 誠
プリマーテ
パン
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
フォロー中のブログ
irei blog
ろんどんらいふ
Grano Di Ciaco
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
ケチケチ贅沢日記
coupe-feti
おひとりさまの食卓plus
ツジメシ。プロダクトデザ...
e-zu工房 Galle...
ageha wreath
toiro pain-s...
blanca*
ゆの日和
最新のトラックバック
検索
いろいろ。




よろしく、クリック
お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

***MY FAB SIGHTS***

浜松の自宅cafeさま
我が家の設計士さん
INTER FACE 
 SUZUKI 設計室

ライフログ
MAJOR 77
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ終了のお知らせ
at 2017-08-07 20:38
ブログ終了のお知らせ
at 2017-08-07 20:37
低温長時間発酵カンパーニュ
at 2017-01-28 20:11
バゲットいろいろ
at 2017-01-23 08:54
シナモンロール 四角伸ばし成..
at 2016-09-12 18:45
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
1月30日NHKあさイチの子育てクライシスを見て。
*クライシスなんですよ。*
あさイチの子育てクライシスをつい見てしまいました。

私、娘を育てるにあたって、りっぱなおかあさんになりましょう、なんて思っていました。

りっぱなおかあさんってじゃあ、具体的に何?ともわからずに。

なぜそんなことを思ったかと言うと、二人のおかんの存在があったからなのかと思います。

姑  自慢の息子(私の夫、国立大学の大学院まで出して一流企業に勤務と姑は思っています。)
   頭のよく、気がつく自慢の娘(某私立大学を卒業後縁故で就職、見合い結婚)
   そんなふたりを礼儀正しく育てたから、子育てには自信がある。
   こどもたちは、大きな挫折も失敗もなく、強いて言えば息子が金もなく学歴もない
   バツイチの嫁を選んだこと。
   こうならないように、転ばぬ先の杖をいつでも用意してきたけれど、この先も転ばぬ先の
   杖を常に用意するつもり。最近は、孫が心配で心配で、今から礼儀をしつけて、自分の
   思う通りに育てないと死んでも死にきれない。
   嫁がバカで、思う通りにならないから、任せきれないし、いっそ嫁を追いだしてもっといい
   嫁を息子と孫にあてがった方がいいいだろう、、ぐらい考えてます。
   
実母 料理はからきし。
    そうじは好きだが生理整頓がからきしだめ。
    娘(私)には絶対裏切られる自信があります。夫に裏切られたぶん
    愛情をかけて育てましたから。
    本を読むのが大好きなので、家族と旅行することに時間をかけるなんて
    まっぴらですし、早く一人で暮らしたいですが、孫は別です。
   かわいいです。
   最近娘が言うことを聞いてくれないので、孫に癒されたいと思います。


 ふたりとも強烈です。
 自分に自信がおありになるお二人は、私が娘を産んだ時から、実際の手助けしなくても
 どこぞで聞きかじった理想の母親を私に論じてきました。

 この二人にナンクセをつけられまいと、私は必死に理想の母親像を目指しますが、目指すのは
 私の勝手、娘はそんなことをお構いなしに、やりたい放題、興味の向くまま気の向くまま、
 子供と言うのはそうしたものなんですが、私は私の決めた枠からいともかんたんにはずれる
 娘に、思う通りにならないもどかしさ、いらつきを覚えます。

 そのたびに、姑は自分はこうしてやったら、こんなにいい子が育ったと言い、実母も私は
 一生懸命頑張ってまちがいはなかっただろうと、アドバイスのつもりの子育て自慢。。

 二人には、エバられる(いばるの意)、娘は言うことを聞かない、夫はいつでも仕事で、
 家で娘と二人きりでいられる私は幸せの極みにあったのだろうと勝手に思い、土日さえも
 仕事だといって家を空けます。

 どこに行くわけでも、いけるわけでもなく、家は完全密閉型の母子カプセル。
 
 訳もなく、子供をなぐりました。
 いうことを聞かない娘を家の外に出しました。
 泣きわめく娘に、罵声を浴びせました。

 自分の子供に対する言動にひどさに、自分が傷つき、自尊心がなくなります。
 
 姑の電話に、必ず私を責めるような言葉、
 実母との生い立ちからの関係が、ゆがんだものであったことが、露呈して、
 誰も頼れない、誰に相談しても、私のがまんが足りないと言われるだけ。


 いつしか、私の存在価値さえ否定的になりました。
 私がいなくなれば娘は夫と、新しい母親にちゃんと育ててもらえるだろう。
 
 発作的になんどか首をつりましたが、死にきれませんでした。
 死ぬことも、生きることもできない。
 
 そんな時、救われたのは、お菓子のレッスンつばがりで知り合った師匠のさとこ先生と、
 助産院でしりあったともだちの存在でした。

 お菓子のレッスンを通して、さとこ先生は説教するでもなく、ただただ、スイーツを作る
 作業の中で、私にもそれなりに生きる価値があることを教えてもらいました。
 いまもおつきあいが続く助産院でしりあったともだち、えみちゃんには、よく愚痴もきいて
 もらいましたし、今は浜松にいるともちゃんにも、よく遊んでもらいました。

 お互い初めての子育ての中、正解も確証もないまま、懸命に子供を生きていったのだと
 思います。

 姑も実母も、母親なので、あれこれと助言をしてきますが、
 なぜ失敗して本当に必要な時に、手を貸してくれないのでしょうか?
 こけるまで待ってくれてもいいんじゃないだろうか?

 なぜ、自分たちの理想の母親を私におしつけるんだろう?

 自分たちは子育てがうまくできたと思っているのだろうか?
 だとしたら、それは、ちがうだろう。
 たまたま、うまくいっちゃった、それだけのことなんじゃないのか?
 そんな風に自分のことを考えたことがあるのか?

 なんて思いました。

 娘の発達障害のことも、実母と姑はわかった気でおりますが、
 決して理解はしていません。
 能天気に天才児と思いこむ姑には閉口します。
 すぐれたものがあったとしても、それを伸ばしてい環境を整えるのがどれだけむずかしいのか。
 言葉を話さない娘にあいさつの大切さをどれだけ言い聞かせても、できないこと、それが
 しつけをしていないととらえてしまうこと、すれはすべて私が悪いんだと言うことで落ち着かせること。

 世の中には、もっともっと子育てに苦しんで、自分が能力のない母親だと思いこむ方が
 いらっしゃると思いますが、
 思う通りにならなくても、生まれてきただけで十分奇跡だし、日々ごはんを食べさせて、
 暮らしていくことそれだけでも十分にがんばっているんだと、私は思います。

 お勉強ができて、運動もできて、みんなに優しくて、思いやりもあって、
 そんなことをみんなが望むから、おかあさんが追い詰められる。

 どうか、姑も実母も、人生の先輩と思うのなら、最初の子育てで、自分も右往左往して
 泣きたくなったことを思いだしてみてほしいと思います。


 今日は、思いがけず、こんなことを書いてしまいました。


 新居で嬉しいのは、姑に口を出させなかった間取りとキッチンです。
 前の家はばあさんの希望の和室とか、たっぷり収納とか、ばあさんの家になってしまったから。

 夫というものは、母親には意見できない生き物、ならば、夫に期待しないで、
 ばあさんに、自分の思うことを言うしかないですね。
 

ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


Top▲ | by berreyandgreen | 2012-01-30 09:52 |
味噌デミグラソースハンバーグ、ごぼうのカプチーノスープ
*あたらしい、おいしさ(^^)*
おはようございます。
いい天気です。
洗濯ものが、少しは乾きやすいかと思うと、そんなことで小躍りします。

昨晩の献立

自分でいうのもなんですが、おいしかったです。

b0202778_8562628.jpg

八丁味噌を使ったデミグラソースのハンバーグ

b0202778_8574945.jpg


ごぼうのカプチーノスープ。
豆乳でクリーミーにしました。

デミグラソースを家で作るようになりました。
ブラウンソースは、オリーブオイル大匙2に薄力粉大匙1を混ぜて、焦がさないように
炒めていきます。褐色になったら、火からおろして、八丁味噌を大匙1、1/2を混ぜます。
赤ワインを100ccで伸ばしていきます。

デミグラソースは、ハンバーグを蒸し焼きにして、焼きあがったときに、大匙2ぐらいを
焼き汁で伸ばして、ハンバーグと一緒に煮込みます。ごくごく弱火にして、焦がさないように
します。


ごぼうのスープは、ささがきにしたごぼうと、ねぎのみじん切りをいためます。
塩コショウをして、水をひたひたにいれて、やわらかくなるまで煮ます。
やわらかくなったら、豆乳を注ぎいれて、ミキサーで混ぜます。
再び火にかけて弱火で温めます。

こんなアバウトな料理しか作れませんが。。。。

娘は最近ほんとうにおいしいご飯のときは、「うまい」と言います。
昨日も「うまい」コールが出ました。

10歳、もはやおっさんのような振る舞い。(^^;)。


ネギは今が旬。寒さで甘くなります。ほんのりじんわりしたあまみ。
ごぼうと合わせて、体を温めます。

また、明日もアップできたら、うれしです。ぢゃ、また。(^^)

ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


Top▲ | by berreyandgreen | 2012-01-27 09:16 | うちめし
やっぱり、こっちも帰ってきたりして。(^^)
*やっぱ、再開します。*
FACEBOOKに移行するつもりでおりましたが、アカウントを持っていないお友達もいるので、
こちらも、ほそぼそ、続けていくことにしました。

我が家も完成間近。
富士宮市近郊にお住まいの皆様、
内覧会は2月4、5日を予定しております。

b0202778_15124616.jpg

b0202778_1513481.jpg

ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


Top▲ | by berreyandgreen | 2012-01-26 15:14 | 家の仕事
| ページトップ |