富士山のふもとの町のパン教室
by berreyandgreen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
say hello
家の仕事
趣味のピアノ
LOVEマンガ

LOVE MUSIC
ひとり弁当
パサリもん
アンジェラ・アキ
The BEATLES
斉藤和義
朝ジュース
かたづけ
うちめし
50歳男子ダイエット弁当
うちの、和菓子
うちカフェ
Baking Lesson
ゆきのこと
だめなかあさんの子育て
今日からあなたもパン職人
SWEETS RECIPE NAVI
ベジレシピ
乳ガン闘病
乳がん
マーガレットハウエル
オサレ服
斎藤 誠
プリマーテ
パン
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
フォロー中のブログ
irei blog
ろんどんらいふ
Grano Di Ciaco
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
ケチケチ贅沢日記
coupe-feti
おひとりさまの食卓plus
ツジメシ。プロダクトデザ...
e-zu工房 Galle...
ageha wreath
toiro pain-s...
blanca*
ゆの日和
最新のトラックバック
検索
いろいろ。




よろしく、クリック
お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

***MY FAB SIGHTS***

浜松の自宅cafeさま
我が家の設計士さん
INTER FACE 
 SUZUKI 設計室

ライフログ
MAJOR 77
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ終了のお知らせ
at 2017-08-07 20:38
ブログ終了のお知らせ
at 2017-08-07 20:37
低温長時間発酵カンパーニュ
at 2017-01-28 20:11
バゲットいろいろ
at 2017-01-23 08:54
シナモンロール 四角伸ばし成..
at 2016-09-12 18:45
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
12月16日@teen ages
*タイムトラベル*
ティーンエイジャーのころに
みたもの、きいたものが懐かしいのは、
なぜなんだろう?

限りなく後ろを向いているからなのでしょうか?


ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村





EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 完結編 [DVD]

バンダイビジュアル

ヤマトよ永遠に【劇場版】 [DVD]

バンダイビジュアル



木村拓哉主演の「宇宙戦艦ヤマト」に端を欲して、
リアルタイムに見ていた
「宇宙戦艦ヤマト」を見返してしまいました。

小学3年生で第一シリーズを見た時の
衝撃は忘れられず、その後繰り返された
再放送を見たいがために、
放映の時は宿題をやって、
その時間テレビの前にスタンバイしていました。

ビデオとかがない時代、
その放送しか見ることができず、
毎週楽しみにしていました。

古代進を演じ切った声優
「富山 敬」さんが56歳で亡くなられた
時はすっかりおとなになっていましたが、
さびしいものがありました。

二度と、富山さんの「古代進」には
会えなくなってしまったからです。

富山さんはちびまる子ちゃんの
「ともぞうじいさん」も演じていらっしゃって、
かっこいい古代進から
おとぼけおじいさんまでと
振れ幅も広い声優さんでした。

10代のころ、
「宇宙戦艦ヤマト」のテレビシリーズを
見ても、
映画はなかなか見れませんでした。
田舎にヤマトをかけてくれる映画館は
なく、
映画館がある町までの交通費と
映画代。
ほんとに、映画館でみたのは
「完結編」1本のみです。

富山敬さんの「古代 進」は
18歳の少年から、21歳の青年になるまでの
成長もちゃんとありました。
やんちゃな男の子が後悔をひとつ終えるたびに
大人になっていく。
職務も、単なる戦闘班長から、艦長代理、護衛艦艦長、そしてヤマト艦長へと
責任が重くなっていきます。

自分も一緒に成長していったので、
シンクロしていました。

古代 進の言う数々のセリフ、
一番印象に残っているのは。。。

「ヤマトよ永遠に」の
古代の姪っ子、サーシャが残っている敵の基地を
波動砲で粉砕しなければならない時、
引き金を引けない、
古代の涙のセリフ。
言葉にならない、、嗚咽のみがこぼれる場面があります。

サーシャが敵の凶弾に倒れたところで、
古代は怒りと悲しみが限界を超えて、
「うわーっつ、サーシャァァァァァ!」と
叫びながら、ひきがねを引く。

ここは、今でも涙なしには見られないシーンです。


いつまでたっても、大人になれないようで
お恥ずかしいのですが、
富山敬さんの演じた
「古代進」はやっぱり、大人になっても
忘れられません。
Top▲ | by berreyandgreen | 2010-12-16 19:25 | LOVEマンガ
<< 12月18日@HOME | ページトップ | 12月15日@HOME >>